革命的なAI駆動の戦闘機が従来の格闘戦術に挑戦

実験機を操縦する高度な人工知能(AI)システムが最近、有人のF-16に対する画期的な空中テストに参加しました。これは自律飛行戦闘の進化における重要な節目を示しており、最先端の航空宇宙革新に対応するための実験機である改造されたF-16、X-62A VISTAがこれらの進歩において重要な役割を果たしています。VISTAは30年以上のサービスを通じて、自律飛行スキルのテストの最前線にあります。

空軍と国防高等研究計画局(DARPA)の協力は、大胆な航空戦を伴った一連の航空遭遇戦で頂点に達しました。古典的な空中戦を想起させるシーンで、AIにより誘導されたVISTAはF-16と対峙し、複雑な機動を実行しながら厳密な安全プロトコルを守りました。

この実験は、DARPAのエア・コンバット・エボリューション(ACE)プログラムの一環であり、4年間にわたりAIを空中戦に統合し、その安全かつ信頼性のある戦闘パフォーマンスに対する信頼を築くことに焦点を当ててきました。以前のシミュレーションでは、AIが仮想の戦闘で人間のパイロットを上回る能力を示すことができることが示されていました。しかし、現実世界の飛行テストは、戦闘シナリオで適用される安全性および倫理ガイドラインの遵守が求められ、新たな課題が発生しました。

9か月にわたり、AIは搭載された人間パイロットの介入を必要とせずに、VISTAを飛行させ、21回の試験飛行を行いました。試験は防御的な戦術から攻撃的な戦術に移り、ジェット機が高速で近距離で安全に交戦する能力を示しました。

役人たちは、AIが人間パイロットに勝利した回数についてコメントを避けましたが、主要な目的は、戦闘状況でのAIの安全なテストを実証することであり、それは犬戦支配においてだけではなく、AI駆動の共同戦闘機(CCAs)を有人戦闘機と共に戦闘集団に統合するために、AIへの信頼を生み出すことにも関わっています。

ACEプログラムの調査結果は、AI駆動のVISTAと人間が搭乗するF-16との追加の困難なシナリオに備えるためのさらなる開発を提供し、無人戦闘機団に関する議論はまだ推測的であるものの、現在の焦点は、AIの信頼性と有人飛行機とのシナジーを向上させることにあります。

自信に満ちた姿勢で、空軍長官フランク・ケンドールは、AI技術をVISTAに乗り込んで体験する予定です。このイベントは、AIを航空に責任を持って導入するACEプログラムの成功を象徴し、人間の管理下での革新と予防の両面における究極のテストであります。

この革命的なAI駆動の戦闘機の革新には、AIを戦闘航空に統合する際に伴ういくつかの重要な質問、課題、論争、および利点と欠点が取り上げられています。

Privacy policy
Contact