Googleが競合他社に立ち向かうために強力なAIモデルGeminiを開放します

Googleは、最新作のGeminiを発表しました。これはOpenAIのGPT-4に匹敵する画期的な言語モデルです。Geminiにより、Googleはこれまでに開発した最大かつ最も高度なAIモデルを構築したと主張しています。このマルチモーダルモデルは、テキスト、オーディオ、ビデオ、コードなど、さまざまな情報を理解し統合する特異な能力を持っています。

ChatGPTやBardなどの先行モデルとは異なり、Geminiは非常に汎用性があり、スマートフォンとデータセンターの両方で運用可能だと謳われています。Ultra、Pro、Nanoの3つのサイズで利用可能です。

Googleは、AIチャットボットのBardをGeminiの優れた機能で強化するだけでなく、コーディング能力を向上させ、視覚的な機能を導入し、グローバルスケールでのアクセシビリティを拡大しました。GoogleはBardが主にインタラクティブな実験であり、ユーザーに生成AIと協力する機会を提供していると述べています。

Pixel Foldの登場は、Googleが折りたたみ式電話の領域に参入したことを示し、Pixel 7a、Pixel 8、およびPixel 8 Proのリリースに続きました。Google Tensor G3を搭載したPixel 8シリーズは、将来のAI機能を考慮して設計された強力なGoogle Tensor G3を搭載し、組み込みのAI機能を備えたスマートフォンとして位置付けられています。Gemini Nanoの統合により、RecorderアプリのSummarize機能などの新しい機能が可能になりました。

Googleは、AI技術を拡張し、Search Generative Experience(SGE)という名前の検索領域にも進出しました。Search Labsからの実験的プロジェクトであるSGEは、生成AIを活用してユーザーにさまざまなトピックの包括的で理解しやすい概要を提供します。関連情報、写真、ビデオなどをまとめることで、SGEは複雑なトピックを理解する効率的な手段を提供します。

さらに、Googleは人気の生産性ツールであるGoogle WorkspaceにDuet AIを組み込みました。Duet AIを利用すると、ユーザーはAIの力を活用してワークフローを効率化することができます。Duet AIの統合により、Slidesでの画像生成、Sheetsでの自動タスク計画、Gmailでのメール作成と磨き、Meetでのユニークなビデオ通話背景、Docsでの強化された執筆支援が可能です。

GoogleはAIの可能性を引き続き追求する中で、Geminiとそのさまざまな応用は、AI駆動の未来を築く上で重要な進歩です。

Privacy policy
Contact