2024年の3つの有望なシャーディング暗号通貨

仮想通貨の世界では、ネットワークの拡張性と取引容量が成功の鍵となります。人気を集めている解決策の一つはシャーディングです。これは、ブロックチェーンを小さな管理しやすいチャンク(シャード)に分割することで、性能を最適化する方法です。これにより並列処理が可能となり、取引速度が大幅に向上します。ただし、シャーディングの実装には独自のトレードオフも伴います。

Cyber Capitalの創設者兼CIOであるJustin Bons氏によると、シャーディングはブロックチェーンのスケーリングの未来です。彼は、これが仮想通貨の進化に重要な役割を果たすと考えています。このため、2024年に有望な3つのシャーディング仮想通貨を特定するために進化したAIモデルであるGPT-4 Turboを検討します。

最初の選択肢はRadix(XRD)で、この通貨はCerberusと呼ばれる独自のシャーディングメカニズムを使用しています。このコンセンサスアルゴリズムは高いスループットとクロスシャード原子コンポーザビリティを提供します。技術の複雑さが採用率に影響を及ぼすかもしれませんが、Radixは採用やネットワーク効果の拡大が続くなら価格が上昇する可能性があります。

2番目の選択肢はNear Protocol(NEAR)で、これはNightshadeと呼ばれる拡張性のあるシャーディングソリューションを提供しています。これはセキュリティと計算ワークロードのバランスを目指しています。NEARは、DAppの作成を促進する使いやすい開発者ツールで差別化しています。ただし、他のLayer 1プロトコルとの競争が潜在的成長を弱める可能性もあります。それでも、NEARは継続的な開発と市場への浸透で価値が向上する可能性があります。

AIの最終選択肢はMultiversX(EGLD)、かつてElrondとして知られていました。Adaptive State Shardingを採用しており、パフォーマンスの向上のために3種類のシャーディングを組み合わせています。高取引速度の能力を持つMultiversXは、拡張性の点で際立っています。しかし、規模拡大に伴うネットワークセキュリティの課題が不利な要因となる可能性があります。それでも、MultiversXがセキュリティとネットワークの安定性を維持すれば、さらなる成長の余地があります。

総括すると、シャーディングは分散、セキュリティ、拡張性といったブロックチェーントリレンマに対処するうえで有望ですが、適切なバランスを見つけることは依然として課題です。シャーディングはブロックチェーンをよりメインストリームで大規模に活用することで前進する可能性がありますが、セキュリティを損なうことなくその価値を証明し続ける必要があります。これらのシャーディング仮想通貨の分散型ファイナンスエコシステムがまだ発展途上であり、堅実な投資資産としての信頼性が十分に確立されていないことに注意が必要です。

免責事項:本記事は投資アドバイスを構成するものではなく、仮想通貨への投資には投機的リスクが伴います。

Privacy policy
Contact