ニコラス・ケイジ、AI操作への懸念を表明

俳優ニコラス・ケイジは最近、エンターテイメント業界で人工知能(AI)の潜在的な使用に対する懸念を表明しました。 死後にAIが彼のイメージを複製するというアイデアについて考えを巡らせ、ケイジは強い恐れと懸念を表明しました。

有名な雑誌とのインタビューの中で、ケイジは映画制作でのAIの使用についての考えを共有しました。 映画のプロジェクトで行われたボディスキャンの意図についての彼の不確かさを明かし、AIが彼の肖像を使用して彼の死後に「蘇生」するアイデアに断固として反対しました。

懸念を表明し、「私のイメージをコンピュータに転送し、瞳の色を変え、デジタルAIを通じて外見に手を加えるアイデアは、本当に私を怖がらせる」とケイジはコメントしました。 ケイジは、自らのイメージが死後に搾取されることに対する嫌悪感を強調し、技術の進化の中で芸術家の遺産の真の本質に疑問を投げかけました。

これまでに役職を引退しない意向を表明してきたケイジは、2023年末に心境の変化を経て、スポットライトから一歩引いていく計画を明らかにしました。 引退についての以前の発言を明確にし、ケイジはユーモアを交えながら引き続きいくつかの脇役や主演役に関与する計画を明らかにし、キャリアの軌道に微妙な変化が示唆されました。

俳優ニコラス・ケイジがエンターテイメント業界におけるAIの影響について懸念を提起

最近のニコラス・ケイジのAIの使用に対する懸念を受けて、AI操作の潜在的な影響に光を当てるいくつかの重要な問題が浮かび上がります。

重要な質問の一つは、AI操作が芸術家のイメージや遺産に死後にどのように影響を与えるかですか? ケイジが自身の外見を変えられ、彼の死後に自身の肖像を使用されることに対する懸念は、技術革新がアーティストの本質をどのように保護するかに関する基本的な議論を呼び起こします。

もう一つの重要な質問は、映画制作やエンターテイメント部門におけるAIの使用を規制するためにどのような倫理的考慮が必要かということです。 ケイジが自身のイメージが許可なくデジタルで複製されるアイデアに断固として反対することは、コンテンツの作成やオリジナルの創作物の操作におけるAI利用に伴う倫理的ジレンマを浮き彫りにします。

さらに、あらゆる領域で技術と倫理の交差点を掘り下げるEthics in Actionプラットフォームが興味深い情報源として読者に示唆されています。

Privacy policy
Contact